サイトのネーミング変更しました

2009/08/21

これからは、病気にまつわる日ごろのグチなんかを書いていこうかと思ってます。

病気のことで悩んでると方向性が良くない気がする。

好きなことやってれば、気がまぎれて体調に良い。
ってことでずっとやってきたけれど

最近、年のせいか気力がなくなってる気がする。

絶食中とか、暇だと食べ物のことばっか考えちゃうので
余計に食べたくなる衝動にかられる
だから、よけいに趣味(作曲&MMDによる動画作成)に打ち込もうとするのだけれど
ひととおりやるべきことやっちゃうと
新たなことに取り込む気力がすこしづつ減ってきて
ただ、雑然とPCに向かってるだけの時が多くなってきた。

なので、どこかにグチを書いて気を紛らわしたくなって
ここのサイトを使うことに

どこか愚痴をかける場所探したわけですが
Mixiには、病気じゃないマイミクさんが多くて
病気のこと書いちゃったても わけわかんないよね☆

にゃっぽんとかは、ボーカロイドオンリーな話題のところだから
そんなところに書いて、どんびきされるのがオチ

あとシニアなSNS趣味人倶楽部もねー
同病患者さんいないよ(この病気って若者が多いだってこと実感するわ)

CentOSの日本語化

2009/03/30

書きかけの項目です。

  先のページでCentOSの自動更新にならない場合は、
  GNOME端末より
yum -y update

GNOMEにて日本語パッケージのインストール

  なぜか、GNOMEがぶっとぶのでGNOMEの再インストール

yum -y groupinstall ‘GNOME Desktop Environment’

 日本語キーボードの設定
   /etc/x11/xorg.conf
/etc/sysconfig/keyboard
GNOME画面より日本語キーボードの設定
   GNOME画面より言語環境を日本語に設定

VMPLAYER上にCENTOSをインストール

2009/03/30

 

CentOS

CentOS

Linux資格 LPICの試験勉強の実習環境としてCENTOSが使いたいと思い。
調べていると
VMWAREを使えば、WINDOWS上でCENTOS環境を構築出来ることを知り
早速試してみました。

 

手順を以下にメモ

参照サイト:VMwareとCentOSで簡単CMSテスト環境構築
※なお、お勉強のための環境なので、CENTOSがとにかく使えればOKなので
あまり実用的ではないかも知れません。

マシン環境

lenobo Thinkpad X60 core solo

仮想OSを使うために、メモリーを2GBに増強
(メモリーは、ドスパラにて手ごろな価格にて購入しました。)

VMPLAYERのダウンロード

VMWAREのサイトより、VMPLAYER2.51というのをダウンロード

ダウンロードしたファイルを実行してウィザードに従ってインストールしてください。

CENTOSをダウンロード

VMWAREのサイトの上部バー上にある
Virtual Appliance (英語サイト)をクリック
・Search Virtual Appliances: のところに検索キーCENTOSと入力して、使いたいOSイメージを入手する。

centos-download

centos-download

※ダウンロード画面に表示されている、ルートユーザーIDとパスワードをメモして置く 

適当なディレクトリを作成してダウンロードしてきたファイルを展開
例 C:¥linux¥CENTOS

※どのOSイメージを選ぶか、迷います。どれでもいいので、ダウンロードしてみて何度でも試してみた方がよいです。
展開後のHDDの容量が少なくて、GNOMEとかKDEとかのディスクトップ環境がそろっていて初心者にやさしいものがお勧め。
CENTOS3とかの旧バージョンは、必要HDDも少なくてよいかと思って試してみたのですが、OSの更新でエラーが出てセキュリティ上問題ありと判断して消しました。最新の安定バージョンを選択するのが望ましいようです。

VMPLAYERの起動

vmplayerアイコン

vmplayerアイコン

VMPLAYERのアイコンをダブルクリック 

CentOSの起動

vmplayer-open

開くをクリック

vmplayerファイルを開く

vmplayerファイルを開く

CENTOSのXMLファイルを開く 

初回設定#1

初回設定#1

とにかくForwardをクリック

初回設定#2

初回設定#2

初回設定#3

初回設定#3

初回設定#4

初回設定#4

初回設定#5

初回設定#5

初回設定#6

初回設定#6

初回設定#7

初回設定#7

ログイン

ログイン

ログイン画面が出るので、ダウンロード時にメモしておいたユーザーIDとパスワードでログイン

パスワード

パスワード

GNOME

GNOME

GNOMEの画面が無事表示されればOK
しばらくすると上記のようにUPDATES AVALLABLEの表示が現れるので
VIEW UPDATESをクリック

更新内容表示

更新内容表示

PACKAGE UPDATER画面でAPPLY UPDATESをクリック

更新開始

更新開始

ダウンロード開始

ダウンロード開始

ダウンロードは、時間がかかるので気長に待つ

途中何度か質問されるが、適当に答えると最後に
naw reboot
のボタンが現れれば正解

リブートしてログインすると

リブート終了

リブート終了

パスワードの変更

ついでにパスワードを以下の手順にて変更しておきましょう。

About meを選択

About meを選択

password changeをクリック

password changeをクリック

New PASSWORDを入力

New PASSWORDを入力

※この後、CentOSの日本語化を行います。